美容系の資格

美容系のスペシャリスト

エステ美容系の仕事に就くときには、とっておくと便利な資格がいくつかあります。
美容業界には非常にたくさんの資格制度があるので、美容系のスペシャリストを目指すのであればぜひ積極的に取得を目指しておきたいところです。
ただし、美容系の資格はどれも「絶対必須」というものではなく、それを持っていることでお客さんや雇用をする経営者に安心してまかせられるという証拠として提示するためのものとなります。
無資格であっても美容系の資格につくことは、法律的に違反していることではありません。
ですがここ最近では美容関連のトラブルが増加していることで消費者側の意識も高くなっているので、施設によってはクォリティー維持のために資格所有者に限定して雇用をしていることも多いようです。

美容系の資格の中でも、最も種類が多く人気も高いのがエステティシャンのための資格です。
例を挙げると「認定トータルエステティックアドバイザー」「認定エステティシャン」「CIDESOインターナショナルエステティシャン」「AEA認定エステティシャン」「AEA認定脱毛技術者」などです。

大きく分類すれば、総合的なエステティシャンとしての知識を問うもののほか、脱毛やフェイシャル部分など、限定的なエステの知識を得るものとがあるようです。
エステティシャンの資格認定組織にもいくつか種類があるので、もしこれから目指すのであればどのような系統お店に就職するときに役立つのかを調べてから勉強をしてみるとよいでしょう。
大手のエステサロンでは、そこに勤務をする場合での一定の技術を認定するための社内資格制度が用意されている場合もあります。

単独でも取得していて便利な資格

エステティシャン以外の美容系の資格としては、ネイリストやメイクアップアーティスト、カラーコーディネーター、アロマセラピストなどがあります。
これらは単独でも取得していて便利な資格ですが、将来的に総合的なエステティシャンを目指したり、自分のお店を持つことを考えているのであれば、複数の技術を身に着けておくようにするのがよいと思います。
少し珍しいものとしては、リフレクソロジストやハーブインストラクターなどもあります。
美容系の資格においては、資格の取得そのものを目指すというよりも、実用的な知識を得るための努力とすることが大切です。
資格を生かしてエステティシャンを目指し、キャリアを積んでいくことで長く美容の仕事を続けていくこともできます。ぜひ取得をしてみてください。