福祉系

福祉関連の仕事

福祉「福祉」に関連する業務内容は、本来的には貧困者や障害者を含むものですが、現在では急速な高齢化により福祉関連業のほとんどが老齢者を対象としたものとなっています。
福祉関連業ではデイケア・デイサービスや、老人介護施設などといった場所での勤務となります。
ただし需要の高い福祉関連業とはいえ、雇用面で何らかの優遇があるわけではなく労働内容に対して非常に安価な賃金体系となってしまっていることがほとんどです。
そのため定着率が悪く、流動的な雇用状況となっているのが現実です。
とはいえ、求人数でみれば他の業界と比べてかなりの数であることは確かなので、有利な条件を見つけてキャリアアップをしてけば、安定的に福祉関連の仕事を続けていくことは可能です。
福祉関連の仕事を長く続けるためには、専門分野に特化した資格を持っているとかなり有利です。

暗記力と福祉への思考力

福祉関連の資格の種類としては、社会福祉士、介護福祉士、ホームヘルパー(訪問介護員)、介護支援専門員(ケアマネジャー)、精神保健福祉士(PSW)、保育士などがあります。
中でも福祉業界の総合職と呼ばれる社会福祉士の資格はとても人気があり、毎年多くの人が受験をしています。
社会福祉士の資格で問われるのは、医学・法学など多面的な福祉方面の知識であり、レベルの高い暗記力と福祉への思考力が必要です。
合格率は毎年30%前後となっているので、集中的に勉強をする時間を持てば1年以内での合格もそう難しくはありません。
よく似た名前のものに介護福祉士がありますが、こちらは福祉の分野でも老人介護分野に特に焦点を当てたものです。
介護福祉士には受験資格があり、所定の学校で単位を習得するかもしくは3年位上ホームヘルパーとして介護業務を経験しなくてはいけません。

更に細かく在宅介護にしぼった資格がホームヘルパーで、自宅で老齢者や障害者を世話するときに必要な知識を得るための勉強となります。
ただし、社会福祉士や介護福祉士が国家資格であるのに対し、ホームヘルパーは単に国が知識の基準を定めたもので資格としての価値はそれほど高くありません。
ですがホームヘルパー資格をとることで他の福祉系資格の受験資格を得られる場合もあるので、今後福祉系の仕事に就こうとする人が入り口とできる資格とも言えます。
介護支援専門員であるケアマネージャーがまさにそれで、ホームヘルパー2級以上の合格で受験資格を得られます。
他にも精神障害福祉に重点をおいた精神保健福祉士という資格もあります。