飲食系の資格

総合的な知識を得ておく

飲食飲食系の仕事に就くときには、基本的には特別に資格取得をしなくてもよいことになっています。
例えば直接厨房に入って調理を行う仕事であっても、調理師免許などは特になくても違法とはされません。
ですが、飲食系の仕事でキャリアアップをしてくことを考えるのであれば、やはり何らかの関連資格をとっておくほうが有利であることは間違いありません。
特に最近では「食」の安全に対する意識が高まってきており、健康面への影響を考えたメニューの提供が飲食店の多くに求められてきているため、資格取得のため総合的な知識を得ておくことは将来的に非常に有効になることでしょう。

飲食店が営業をするとき、必ず必要となる資格もあります。
「食品衛生責任者」というものですが、これは都道府県が定める講習を受ければ誰でもとることのできる簡単な資格です。
ただし、必要といっても厨房に入る全員が習得する必要はなく、責任者となる店長などが取得していればよいことになっています。
食品衛生責任者は、飲食店だけでなく食品の製造や加工、調理、販売を事業として行うすべての企業・店舗で必要となるので、一度習得しておくことで飲食関連の別の業界に転職するときにも便利です。
ちなみに、もし飲食業として独立・開業を目指すのであれば必須の資格となります。

一般の飲食店でも求められている

また、本来は学校や介護施設など食事を団体に対して提供する施設で必要とされていた「栄養士・管理栄養士」の資格も、最近では一般の飲食店でも求められています。
ここ数年のうちに人気高めているレストランなどを見ると、健康食材にこだわり食べ合わせや総カロリーなどについて細かく表示しているところが増えてきているので、実際にメニューを作成するときに栄養士の資格があると大変に役立ちます。
大手のレストランなどでは専属に人材の募集をすることもあります。

他にもお酒を提供するレストランなどでは、ソムリエ呼称認定試験やビアテイスター、きき酒師といった資格がある人も優遇されるでしょう。
専門的な知識を売りにした販売店や飲食店では、そのようなきちんと客観的に知識・技能を持っていることがわかる人材は貴重です。
女性に人気が高まっているパティシエールを目指すなら、「製菓衛生士」もチェックしておいた方がよい資格です。製菓衛生士とは、お菓子作りにかかわる衛生面での知識を問うものです。
これからも、飲食店における専門知識はより多くの場所で必要とされていくことでしょう。