医療系の資格

高時給での転職が可能

医療医療系の仕事には、国家資格が必要なものがあります。それは医師と看護師です。いずれも、国家資格をパスしないといけません。看護師になるには、看護系大学などを卒業する必要があります。そして、看護師の国家試験を受けます。看護師への転職を考え、そのために看護師の国家資格を取らないといけない・・・となると、大変ですよね。
ちなみに、看護師も転職を考える人は多いです。看護師もスキルアップをして、さらにステップアップしたいと思うもの。国家資格を有しているだけに、高時給での転職が可能です。看護師と言えば、大変な仕事、というイメージがあります。
看護師で、正社員で働くとなると、将来的に安心ですが、その分激務に耐え抜かないといけなくなります。
そこで、派遣という働き方を選ぶ、というやり方があります。
派遣として働けば、夜勤を避けて、看護師の仕事を続けることができます。
残業をしたくない、という希望も叶えられます。
そして、一般的な人材派遣の仕事に比べると、看護師の人材派遣は高時給です。
いろいろな面でメリットが大きいのが看護師の派遣です。
看護師の転職先を探すなら、看護師の求人を専門に取り扱っているところがおすすめです。
専門のところほど、その方面の案件が豊富だからです。
看護師の人材派遣では、介護関連の仕事が増えています。
専門の人材派遣を選んで、希望に合った、高待遇の求人を見つけたいですね。

長くはたらける転職先

医療系のお仕事は医師と看護師だけではありません。
手堅い医療系での転職を考えているのなら、他の職種での転職を考えると良いでしょう。
そのために資格を取得しておくと、有利になります。
看護師や医師に比べて容易に資格が取得できて、しかも役立つ資格は医療事務です。
医療事務は、座って仕事するのが基本です。
そのため、それほど体力を必要としません。
長くはたらける転職先を探すのなら、医療事務がおすすめです。
なにかの事情で一度職場を離れたとしても、また就職につなげやすい、信頼性のある仕事です。 

医療事務の資格試験は、年に数回あるのが通常です。
会場受験と、在宅試験を選ぶことができます。
医療事務は、資格取得のための通信教育でも人気があります。
そうした通信講座を受けて、終了すると、在宅試験の権利が与えられます。
自宅で受験できれば、リラックスして受けられるうえ、内容を丸暗記する必要もないので、リラックスして受験できるのが魅力的ですね。
マークシートと、レセプト作成など実技の2種類があります。
手堅い医療系の転職を考えるのなら、余暇に勉強をすすめられる医療事務が良さそうです。

(参考記事)
医療事務