事務系の資格

多くの職種で求められる

簿記派遣スタッフとして働くのなら、スキルの証明となる資格はとっておきたいです。
人気の資格としては、日経簿記がまず挙げられます。
そのほかの資格としては、TOEICなど。
TOEICは、事務系の転職を考えるのなら、ぜひ取得しておきたいです。
多くの職種で求められる資格です。

しかし、人気の資格を持っておけば、それだけで転職に有利になるというわけではありません。
たとえば、エンジニアへの転職を考えているのに、日商簿記2級を取得しても、意味がありませんよね。
日商簿記2級は、資格としてはとても人気があります。
しかし資格選びをするときには、希望する職種が求める資格を取得しなければ意味がないのです。 

日商簿記2級を求める職種とは、経理の仕事です。
派遣会社で経理の仕事を探すのなら、日商簿記2級を取得しておくと有利になります。
経理の求人なら、求人情報の「求める人材」の欄に、「日商簿記2級」と書かれていることが多いものです。

アピールポイント

TOEICは英語関連の事務の仕事を探すときに、アピールポイントとなります。
ただTOEICはスコア制となります。
受ければなんらかのスコアを取得できます。
大切なのは、企業が求めるラインを超えるスコアをTOEICで取得すること。
たとえば英文ジムならTOEIC600点以上、通訳・翻訳ならTOEIC800点以上が目安です。
派遣で英語を使う仕事に携わりたいのなら、最低でも600点は取得しておきたいところです。 
TOEICは年に数回試験が行われており、取得するチャンスは多いです。
また、TOEICの取得を解説するマニュアル本や練習問題なども多く出版されています。
英会話教室でも、TOEICのための試験対策講座が設けられていますよね。
英会話教室でTOEICの試験勉強をするときには、仕事帰りに通いやすいところに決めると良いです。
職場の近く、家の近くで探してみましょう。
実際の試験では、日本人が苦手を感じやすいリスニングに多くの点が配分されています。
そのためには、ネイティブの発音になれることが大切。
その意味で、ネイティブ・スピーカーからTOEICで出題される、生きた英語を教えてもらえる英会話教室は、通う意義が大きいでしょう。
もちろんリーディング対策に、過去問題集や練習問題をたくさん解くことも大切です。
初心者なら、まず語彙力増強に努めたいところですね。

転職したい企業が、どのような資格を求めているのか、人材派遣サイトで調べてみるといいですね。