TOEICと就職の問題

思い切った英語普及策

英語今就職や転職に最も役立つ資格はTOEICと言われています。

ここまで突然にTOEIC人気となったのは単純な理由で、楽天やユニクロなど大企業が社内公用語を英語とするなど非常に思い切った英語普及策をとったためです。

そのため、就業時に全く業務に関係なくてもとりあえずTOEICの点数が高い学生を確保しておこうというマインドが大企業を中心に起こり始め、現在ではTOEICの点数さえ高ければ他のことは二の次とまでされるかのような極端な現象が起きています。

ただし、その変化があまりにも急激であったために現在ではかなりの企業内でそのTOEICに関わる問題が噴出してきています。

おそらく今後数年内にTOEICのみで採用を決めるような単純な企業採用は減っていくことと思われます。

 

就職時のTOEICが問題なのは、英語「さえ」できればあとはどうでもよいという風潮が新卒の人たちの中に考えとしてできてしまったからです。

当然のことながら、TOEICで満点をとれるということと、本当に英会話ができることとは別の問題です。

さらに言えば英語が話せることと、英会話で仕事ができるということもまた別の問題です。

TOEICの点数が低ければ採用しないという偏った考え方は、例えば他の学歴や資格はどうでもよくてとりあえず英語さえできないといけないというおかしな方向にも向かっていってしまいます。

それを言い出したら今現在最も企業に採用される可能性が高いのは幼い時期に海外(欧米)で生活をしてきた帰国子女であり、国内でどれだけ勉強していてもそれは無意味というふうにもなってしまいます。

英語力について

また企業のTOEIC好きを逆手にとって「手軽にTOEICだけの点数を上げる方法」や「英語が喋れなくても余裕でTOEIC満点」といったよくわからない資格教本まで登場してきています。

全く勉強しないよりも勉強をした方が英語力はつくでしょうが、何か本末転倒な状況になっているのではないかと思います。

 

人材派遣会社への登録でも、やはりTOEICの点数の高い人は好まれる傾向にあります。

ですが、派遣会社の場合英語そのものを使う仕事(通訳や翻訳)などでなければ、実際の業務能力も同じくらいに問われることになります。

これから就職や転職をするとき、それを少しでも有利にするためにTOEICの勉強をすることはもちろん悪いことではありません。

ですがむしろ英語力のみを採用の条件にするような企業は今後どうかということも、少し考えてみた方がよいでしょう。