IT系の人材派遣

ITに特化している人材派遣

IT系システムエンジニアやプログラマーなど、IT系のお仕事を探すときには、IT系の人材派遣を利用することをおすすめします。
これらの職種は、一般的な人材派遣会社ではあまり取り扱いがありません。
ですから、ITに特化している人材派遣に登録し、お仕事を探すのが賢い方法なのです

IT系IT系の職種を専門的に取り扱う派遣会社は、ブレーンネットが代表的です。

IT系の人材派遣には一般派遣と特定派遣の2種類があり、
例えばここに掲載されている仕事は、一般派遣なのです。

では、具体的に何が違うのでしょうか。
一般派遣は登録型派遣、特定保健は常用型派遣とも呼ばれています。
一般派遣と特定派遣の違いは、いくつかありますが、一番大きな違いのは雇用形態です。
一般派遣は登録会社に登録し、派遣先に派遣されます。
特定派遣は派遣会社に、正社員や契約社員として雇われています。
この違いが大きいでしょう。

一般派遣と特定派遣は、雇用契約期間も違います。
一般派遣なら、派遣会社に登録し、仕事が決まり、それに合わせて雇用期間が決まります。
特定派遣は最初に雇用契約を締結します。
そしてそのあとに、お仕事が紹介されます。
一般派遣の場合、仕事があるときだけに雇用関係が生じるのに対し、特定派遣は、仕事があってもなくても、雇用され続けます。
つまり、いつでもお給料が支給されるわけです。
特定派遣は月給制になっています。
特定派遣には、交通費や社会保障が完備されていて、正社員なら退職金が支給されるところもあります。
このような点を見ると、一般派遣よりも特定派遣のほうが、魅力があるように思えます。
しかし、それぞれの働き方で、メリットとデメリットもあります。どちらの働き方で働くのかは、メリットとデメリットを把握してからのほうが良いでしょう。

応募条件

待遇の面では勝るかに思える特定派遣ですが、仕事の数で言うと、一般派遣には及びません。
一般派遣は一般事務、営業事務など事務系、フード関連の飲食系など、さまざまな職種を取り扱っています。

いっぽう特定派遣は機械や電機、生産技術、建築などそれぞれの専門分野の知識、就業経験などが応募条件となっています。
就業経験がないのなら、スクールに通うなどして、専門技術をつけておくことを求められています。
つまり、間口がとても狭いのです。
スペシャリストととしての技術を身に付けている人でないと、特定派遣で働くのは難しいかもしれません。
特定派遣は一般的に、派遣会社のコストが高くなります。
そのため、採用する人員を絞る傾向にあるのです。
また、職種が限られているぶん、事業所数も少なく、案件も少ないです。

一般派遣は、さまざまな職種を取り扱い、案件豊富なので、仕事を見つけやすいです。
スタッフのスキルアップに力を入れているのも大きな魅力です。
未経験から新しいことにチャレンジしたい、と考えるのなら、一般派遣がおすすめです。